前へ
次へ

前撮りは基本的にはしたほうがよい

結婚式では写真を撮るということになりますがどうしても式当日というのはなかなか色々と忙しいということもあるでしょうからしっかりとした写真が撮れないので前撮りをするのが一般的です。前撮りとは何か、といえば名前の通り、事前にウェディングドレスを着た状態で写真を撮っておくということです。大抵は来て余裕があればよくなるべきことであり当日写真をとるというのは大前提ではあるのですが、ゆっくりと自分の好きなシチュレーションで撮影できないこともあります。ですから、前撮りをするということになります。この分の費用が余計にかかるということにはなるのですが、それでも一生に一度というのが前提の行為なわけですからそれなりにしっかりとした状況での写真撮影というのができた方が良いのは間違いないことであると言えるでしょう。当然ですがドレス姿の女性のみではなく、新郎もしっかりと撮影することになります。多くの場合、女性の意見を聞いて決めることが多いです。

Page Top